スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の言葉が誰かを不快にする/和賀

さて、今日はちょっと書きたいことがあって筆をとりました。
「自分の言葉で誰かが不快になる可能性」についてです。
ポエム24(#poem24)は、
何度かtwitterのトレンドにもなったことからも
「ひとが集まる場所」ですね。
開催日の、タグが付与されたPOSTは何百・何千という規模の不特定多数の目に触れるのやも。
どうやら、そんなところまできてしまったようです。

本題に入ります。
或る日突然、
見ず知らずの誰かに自分の言葉を「不快だ」と言われたら、あなたならどうしますか?
「お前には関係ない」
「不快なら読むなよ」
こう返したくなりますよね。

今から決して穏やかではないひどい偏見を書きます。
ぼくは、「言葉でひとを殺すことは、可能」という考えの持ち主です。
勿論直接的な死因にはなりえませんが、例えば、
「言葉で自殺に追いやる」
「言葉で殺人を唆す」
これらに端を発して遂げられてしまった死は決して少なくない筈です。

ぼくは、「もし自分の大切なひとが、誰かの言葉に殺されてしまったら」
という最悪のケースを想像しました。
きっと胸の内だけに留めておくことは出来ないと思います。

ちょっといきすぎた究極的な例えをしてしまいました。
「なにが起こるか分からない」ということ。
一輪の花が咲いた、ただそれだけで胸が苦しくなって涙が止まらなくなるひとがいる可能性を、
雲の切れ間から太陽の光が射してきた、ただそれだけで怒りが抑えられなくなって暴力に走るひとがいる可能性を、
誰かに「ありがとう」や「愛している」と言われた、ただそれだけで死を選ぶひとがいる可能性を、
ぼくは否定できないのです。

長々と書いてしまいましたが一番書きたかったのは下記です。
自分の言葉を「不快だ」と言ったひとを。
そしてそのひとの感性を。
安易に責めないであげてほしいのです。
とはいえ、そんな風に言ってきたひとのことを嫌いにはなるのは仕方ないことですけどね。

平穏を望むぼくたちには難しいことなのかもしれません。
でも、自分の言葉が、自分の大切な誰かの胸に
時にやさしく、時に激しく、胸を打つように届いたときは。
そのときは、思い切りかみ締めていきましょうよ。

これからも、みなさんの自由な詩を読めることを楽しみにしています。

ではまた!


written by 和賀

気持ちを形にする場所。/あきぃ

はじめまして
あきぃと申します。


いきなりですが、
わたしにとってポエム24は
楽しみの1つです。

お題があがった日には
お題のことをたくさん呟いています。

最近では、自分の気持ちを形にする場所になりました。
人間なのだからいろんな気持ちになります。
そんな気持ちを形にする場所。

ほんの些細なことでもいいんです。
それが伝わらなくてもいいんです。

ただ形にしたいんです。

それを誰かと共感できたら、
誰かに伝わったらすごく嬉しいでしょう。

そんな風に思いながら参加しています。

だから感謝でいっぱいです。
和賀さんがいなかったら、この企画はなかったかもしれないから。

お題を通して、たくさんの気持ちが集まる気持ちの広場。
深夜24時のことばのパーティー。

そんな素敵な時間にできれば寝過ごさず
たくさんの気持ちを見たいなぁと思います。


長文失礼いたしました。

深夜のパーティーでまたお会いできればと思います!


------------------------------
がんばって(`・ω・´) 大丈夫(`・ω・´)
そう言って元気をくれるね?

泣かないで(`・ω・´) 泣いてもいいよ(`・ω・´)
そう言って優しさをくれるね?

だから

そんなあなたが大好きです(`・ω・´)
って言って笑顔になるね?
#poem24
------------------------------
『(`・ω・´)』篇より


written by あきぃ

きれいなことばだけ愛されるのなら、/セッカ

私は詩を誰かに与えるものと思って書いてはいない。
ポエムと言い張ってしまえば、詩という形になる。
ぐるぐる渦巻く思考の海でどうしようもないものを供養するために言葉を吐き出す。

あぶく、ぶくぶく、意味もなく。

詩を書くの嫌いだ。
私には個がない。
他人の真似をして他人の才能を間借りした気持ちで本当の自分を出すことが怖くて言葉にする。
私の言葉は私であって嘘つきのぼくの言葉だ。

伝わらなくていい、存在したい、此処にいるだけを認めて!

そんな思いで今日も吐瀉物のように詩を書く。
いや、詩のもどき、詩という殻を借りた自傷行為。
私の中で溢れだす僕を落ち着かせるために詩を作る。
たった、それだけの迷い事。
他の人が考えるよりも軽く言葉を踏みにじる。
私の言葉は私である限り、私の言葉ではなくなってしまう。
保存できない感情を詩に変換して動揺を抑える。

私の詩は吐瀉物だ。
私の詩は自傷行為だ。
美しさなどいらない。
綺麗な言葉だけ愛されるのなら汚い言葉を綴る。
麗しいものに唾を吐く。
愛しい物の首を絞める。

うつくしいひとはわたしではなくてもいい。
うつくしいものがひろがる24時の港。
汚い魚がぎらぎらと哂うように。
そうやって、
そうやって、
妄想の海で自虐を繰り返して
24時の言葉の殺し合いを楽しみにしています。

きれいなことばだけ愛されるのなら、きたなくてきれいで愛されたくない。


------------------------------
存在の手足は3本、1本は石塊、2本を切開、ついでに処女受胎、概念の懐妊、産声は本能、煩悩の後付け、人類はカスケード、意味のカスタード、命題はいつも甘く、欲張りな僕は泥溜まりの羅列体、囲う空は殻、薫る伽羅、お供の水晶体と名無しのマインドトラベル。 #poem24
------------------------------
『概念(concept)』篇より


written by セッカ

閑話休題:飴をおひとついかがですか/飴

寒さがぐっと深くなりいよいよ冬めいた温度に、同時に春に向けての冷え込みがやってきましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか。初めましてこんばんは、気分で味がかわる飴です。毎回poem24ブログの記事を楽しみながら拝見させていただいています。
次のpoem24まで少々時間があるとのことなので、自称「通行人B」の私も振り返りながら筆をとってみようと思います。恐らく口説い文章になってしまいますが、お付き合いいただけたら幸いです。

poem24に出会うまで、私は詩を作るということをしたことがありませんでした。創作=物語と何故か思い込んでおり、文章をかける人は凄い、でも詩を自作することは恥ずかしいことだとそう思っていました。今の私からすれば当時の自分をタコ殴りにしたいです。o(`Д´)○☆

だから、というわけではありませんが、最初poem24に参加するのが怖かった。お題「不加算」の時に作ったpoemはTLに流れることもないまま携帯のメモ帳に残っています。
当時和賀さんのトゥギャを見ると、そこに並ぶ文字たちは色んな想いを秘め表現し輝いているように見えました。とても羨ましかった。でも詩作じゃ恥ずかしい。そんな自分の固定観念との闘いです。
自分に素直になれたのはお題「嵐」の時。そのとき頂いたふぁぼの温かさが、今思えば私に自信を与えてくれたんだと思います。

あれから数ヵ月が経ちました。poem24に参加しはじめてから創作用アカウントをつくり、ぽえったらーさん方との縁も出来、リレー小説させていただいたり企画に参加したり、得たものは大きいです。
幾らかの別れはありましたが、それでもそれ以上にたくさんの出会いがあり、大切にしたいものが増えて参りました。
増えれば増えるほど、大切にしたいものを大切にするのは難しいです。それでもぎゅっと抱き抱えてゆっくり進んでいけたらと思います。

いやぁ長々と話してしまいました申し訳ない。
自分に素直になるのは難しいし怖かったです。でも、だからこそ得られたものは「大切」になりました。もしpoem24に参加したいが迷っているという方がいらっしゃいましたら(果たしてそんな人が見ているのか)、声を大にして言いましょう「絶対、大丈夫だよ(CCさくら風)」と。

さて、以上が私とpoem24の物語です。拙い文章でしたがここまで読んでくださって本当にありがとうございます。
主催の和賀さんに抱えきれないほどの感謝を。
それでは皆さま、またどこかでお会いしましょう。


------------------------------
かち…かち… 秒針が刻む 後、一分… 後、三十秒… 十、九、八……三、二、一 深夜0時を告げる鐘 シンデレラの魔法が解ける時間に 今宵も始まる言葉の魔法 さぁさぁお金はとりません 誰だって 貴方だって参加できます ではごゆるりと いざ夢の舞台が今始まる #poem24
------------------------------
『時計』篇より


written by 飴

例えば、/桜歌

例えば、僕がTwitterをしていなかったら。
例えば、フォロワーさん達がTwitterをしていなかったら。
例えば、ポエムなんて書いてなかったら。
例えば、例えば。
色んな道があって、色んな選択肢があって、辿り着いたこの終末点とも言えない僕の居場所はまだ実質的には通過点なのでしょうが。
はじめまして、桜歌と申します。ここでは僕が詩を書きはじめたきっかけとpoem24への想いを綴っています。暇つぶし程度に付き合ってやってください。

まず僕がTwitterを初めたのは、一年と少しほど前、学校を転校して馴染めなかったころでした。
複雑な家庭で、生きているのが嫌になって現実逃避ばっかりしていて。
友達も遠く離れて。
悲しくて辛くて涙さえ出なくなった時、Twitterを始めました。
感情を吐き出すことを知らなかった僕には「なんでも呟ける」場所が心地よかったです。
それから、色んな人に出会って別れて出会って。もうすぐ一年、という時に和賀さんを知りました。
そして初めて詩を書きました。
詩を書けたのは和賀さんのおかげ、ですね

でもその時の僕の詩は感情そのものでした。それも負の感情を吐露したもので。

poem24というものを知ったのは和賀さんに出会って暫くしてからでしたが、お題から詩をつくりだすということがすごくすごく魅力的でした。僕の詩は詩ではなく感情でしたから。
それはそれで詩と言えるのかもしれませんが、とにかくお題という不特定な型、というよりほんわかした何かで確立された詩が僕にはとても綺麗に見えました。色んな人が色んな想いを込めて吹くシャボン玉のような。ふわふわとしたそれは似たようなもので、確かに違う。

よく分からない例えですが、とにかくこんなに協調しながら個性を打ち出せるなんて!と思ったのです。

それからは出来るかぎりpoem24に参加しまくり、詩垢なるものも作ってしまいました。

うれしかったです。

ぽえったらーとして僕がそこにいる、こんなに存在を認めてもらったのははじめてで、とてもうれしかった。
だからきっかけをくれた和賀さんが、poem24が大好きです。感謝しています。本当にありがとうございます。

まだまだぽえったらーとして未熟な僕ですが、poem24をとおしてもっとぽえったらーさんと仲良くできたらな、と思います。


例えば、今読んでくださっているぽえったらーなアナタと僕が相互フォローでなかったとして。

どうぞ、アカウントを教えてください。フォローしにいきます。

この文章が出会いのきっかけになればうれしいです。

それでは、長々と付き合ってくださってありがとうございました。




例えば、サヨナラという言葉を知らなかったとして。
僕はそれでも推敲の無い世界へ飛び込んで行く。


------------------------------
ぽつり、落としたことば。
沈黙と静寂と無音。
ぽとり、誰かに届くことのない言の葉。
落としても沈黙は破られず静寂は静寂で音はやはり無い。
ぽつん、一人。膝を抱えて眠る夜はまだ明けない。
(鏡を見ないと見えない、唯一の誰かへ向けたことば) 
#poem24
------------------------------
『焦燥(感)』篇より


written by 桜歌 詩垢
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。