スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年ぶりです。

一年前の私はこのブログにこんなことを書いていました。

「私には悩みがありました。どうしたら、詩を140字で上手くまとめられるのだろうか?」

ちょうど自分のサイトを立ち上げていたときでした。

その時までのTwitterの使い方は、とくにつぶやくこともなくて、フォロワーさんもそれほど多くはないので、なるべく面白いツイートをRTして、それを自分のアイデンティティのようにしていました。

つまり、自分には何も書けることがなくて、面白い才能もなくて、人に返せるものがないから、他者の面白いツイートを発見し紹介するということを、自分自身の心の支えにしていました。心の奥深くでは。

でもそれは、どこまで行っても自分の文章ではなくて、誰かの借り物で、いくら自分がその方のツイートをRTしたところで、自分自身は満たされないのです。なぜなら、自分自身はそのつぶやきに何ら関与していないからです。それは、自分の言葉ではないから。


初めて、poem24に参加したとき。それは、自分に書ける言葉を精一杯絞り出して、自分の言葉で、書いた文章でした。Toggeterにまとめられた時は、公衆の面前に自分の文章が貼り出されて何て恥ずかしいんだ!と思いました。それは、教室で先生に自作の文章を貼り出されるような感覚です。しかしそれは同時に、嬉しいものでもありました。ネット上に自分の文章が140字でもいいから残るというのは、とても嬉しいものでした。


教室で国語の時間に、自分が作った俳句が先生に読まれたことがあります。転校してくる前の学校で見た夕焼けは美しかったなということを書いたのですが、その時に感じた、なぜ自分の文章が誉められているのだろうという感覚と、でもほんの少し嬉しい、そんな感覚です。目立ちたがり屋ではないけれど、人に誉められるのは嬉しかったのです。


poem24に参加して、自分の言葉で文章を書くという楽しさを知りました。一つのテーマにそって、自分の世界を140字でまとめるのです。それは誰のものでもない、自分自身の世界です。そして時に、その作り上げた世界が、誰かの心に共感して、星をもらえたりするのです。つまり、だれかのお気に入りとして登録されるのです。単純ではあるけれど、何て奥深い世界なのだろうと、Twitterを褒め称えたい気分です。


poem24きっかけで、とても多くの人と出会いました。「poem24 -RT」で検索して、RTのノイズを排除し、なるべくまだ誰にも発掘されていないポエマーさんを見つけては、その人の詩をお気に入りし、あわよくばフォローをし、新人さんを発掘するのが私の楽しみです。初めてだれかにリプライをもらったときの嬉しさや、初めてだれかにお気に入りをされたときの気持ちは、格別のものです。簡単に渡せる好意の印を、ネットの海を航海して届けるのです。


ここで私が言いたいのは、誰かの言葉を広めるよりも、自分で言葉を書いたほうが楽しいよということです。#poem24というタグをつければ、恥ずかしかったあの時の気持ちや、センチメンタルな感情が、吐き出しの場として提供されるのです。それはごみ箱のようでもあり、甘味料のようでもあり、宇宙のようでもあります。そこに集まる言葉は混沌です。ただし秩序があります。つまり、一つのテーマが与えられるということです。


言葉の可能性は無限大ではあるけれど、その人の吐き出す言葉は無限大ではありません。つまり私は突然セックスという言葉は使わないし、マニキュアという言葉も使わないし、スイーツという言葉も使いません。そういう風に絞っていくと、自分の使う言葉は限られ、ある一定の法則が見えてきます。


私は雨や光という言葉が好きです。街灯という言葉が好きです。才能という言葉にも惹かれます。水色という言葉が好きで、絵の具という言葉が好きで、風景描写が好きです。

あなたにもきっと自分の好きな言葉があって、それを並べることによって、自分の世界が見えてきます。

あなたの好きな言葉は、何ですか?


長くなりましたが、前回のブログでは少し遠慮がちに書きましたので、今回は少し勢いに乗って書いてみました。私の文章も日々成長していますし、継続は力なりです。自分の好きなことを、続けていきましょう。下記のIDに行けば、いつでも文章を書いています。あなたの訪問を、お待ちしています。 (ステマ)




-----------------------------
今夜のお題はなんと羽海野チカさんです。
「詩とか書かないけどハチクロは大好き!」
という方は、この機会にぜひ詩を書いて投下すればいいと思います。
ハチクロや3月のライオンへの愛を込めてもいいかもしれません。
お題は「イルミネーション」。
タグはこちら #poem24
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼の手は今はもう遠くて、私はそれを夢の中で、何度も追いかけるんだけど、彼は手を振りながら遠ざかっていく。
目が覚めると、雪が降っていて、いまは冬なのだと分かる。
病院の窓から、街のイルミネーションを見下ろす。
私は思い出す。
そうだ、彼はあの日、死んでしまったのだと。
#poem24
-----------------------------
『イルミネーション』篇より


written by N.S
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。