スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詩について/N.S

私には悩みがありました。どうしたら、詩を140字で上手くまとめられるのだろうかと。私が日頃から書いていた詩は、どちらかというと作詞を意識したもので、サビのようなものもあり、とても140字では収まりませんでした。

そもそも私は、モバイルの公式ツイッターを使っていたので、皆がどうやって140字で収めているのかも知りませんでした。そのうち私は、何かをつぶやく時は、未送信フォルダに保存して、一字一字数えるようになりました。

和賀さんのことを初めてお見かけしたのは、どれすとさんとのやり取りでした。poem24を知ったのも、どれすとさんがきっかけです。それを見ながら、私にはとても140字ではまとめられないなと、そう思いながら眺めていました。

私のフォロワーさんに、えりえさんという方がいらっしゃいます。この方は、とても文才があり、私はこの方の詩を読むたびに惚れ惚れしていました。

しかし、私の性格として、すごい人に出会ったら、その人に追いつき追い越したいと思う性分なのでした。かくして、私はなんとかツイッターで詩を書きたいと思うようになるのでした。

私が初めてpoem24に参加したのは、「概念」というテーマでした。人という字の成り立ちについて、あれこれ理屈っぽく書きました。今思えば拙いできですが、私はtogetterにまとめられて浮かれていました。

なんだかいくらでも書けるような気がしてきましたが、長くなったのでこの辺で失礼いたします。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


written by N.S(twitter ID/ns_akg12)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。