スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気紛れに。/更科灰音

唐突にひどい物言いをしてしまうなら、私は精神異常者です。実際にそういう病院に数年間通いつめ、ようやっと外出出来るまでに回復した社会不適合者。それが私です。

私にとって文章はただの文字の羅列でしかなく、本を読み漁るのは好きだったけれどそこに含まれている意味を読み取るのが嫌いで嫌いで嫌いで嫌いで。知識としてしか文章を捉えなかったのを覚えています

何か書き出すことが嫌いだった。嫌いだけれど言葉を発する事が出来ずに、文章を書く事を続けた。自分の感情すら自分の文章から読み取れなくなった時、全てを諦めたくなった。

だからこそどれすとさんや和賀さんが詩の中で自由に表現しているのを見て、嫉妬した。そんな資格すらないのに、感情を表現できるという行為そのものができる人達に嫉妬した。醜く汚い感情で、けれど輪の中に入りたくて。だから自分の中の汚い思いだけを書き連ねる行為とポエム24のテーマが沿う時だけ書こう、そんな思いから参加したけれど。何時の間にか私だけが取り残されているような気分になって、少しだけでもうまく表現したくなって、段々と言葉を書く事が好きになって来た自分に気付いて。そのきっかけを与えてくれたのは間違いなく参加者の皆さんの言葉で。

私個人の汚い感情を許してくれとは言えません。けれど、皆さんの楽しむ場を穢してしまってごめんなさい。そして、気付かせてくれてありがとうございます。これからも参加出来る時には参加したいと思います。お目汚しになるかと思いますが、ご容赦のほどを。長文乱文失礼いたしました。


written by 更科灰音(twitter ID/ ain_e)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。