スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博愛主義者Uの恋文/上原広輝

正直、詩への想いなど文章にするに値しないものだと、これを書き出した今でもそう思う、だけで、実はそうでもないかも知れないなんて、そんな適当な考えで長々と連ねようとしている俺に、しばしお付き合いをば。

これはきっとどんな表現方法にも言えることなのだけれど、俺にとってポエムはラブレターだ。例えば親愛なる君への、雄大な自然への、生命の神秘への。ここまで博愛主義なのかと、苦笑することすらある、いつだって、愛を囁いている。
つまりポエムは手段だ。でも時を経て今は皆の詩を読んでなんたら、などと美談にする気はさらさらない。自己陶酔、ただそれだけの話。回を追うごとに輪が広がっていくのを見ながら感じることは皆大体同じだろうからそこは割愛。なんかもうこの時点で袋叩きにされそう。アカウント炎上しそう。

話を少し戻して。#poem24のタグ検索で勝手に拾い上げては他人のラブレターを読んでいるように気恥ずかしくなることが多々ある。文章から書き手の気持ちを読み取るのに昔から長けていたから、きっと大半は合っているだろうけれど、でも。自分のことは棚上げして、「いや、ストレートに言えよ」、となる。

それでは伝わらないことがあると、知っているくせにそうやって。


そんなような気持ちとまた別のものと、まあ良く分からない感情が昂るうちに、募るものがあった。折角送ったラブレターに返事もないのでは、と、そういう一種のヤキモキ感が。誰に宛てている訳でもないというのに、返ってくるアテがないというのに。そこから生まれたのが、そう。言わずと知れた(とかなんとか言って知名度は低いが)、【呼応詩】だ。
これが本題と言っても過言ではない。
「初めて参加したのは俺が後に主催者の定位置に就く和賀さんを良く知らずしかもポエム24という名がついていない時だった」とか、「お題提出者に指名された時の為に二桁単位で書き出していた上で出したお題が目測だった」とか、そんな自慢話は人に聞かせるでもなく心の片隅で小さな誇りに思っていたかったから。けれど既に記憶は埃を被っていた。思い出せるよう、一応、ここに書き留めておく。


それで、まあ。ポエム24がお題と24時までの高揚を共有するものだとするならば、呼応詩は長い時間と思考をシンクロさせるものだと思っている。深い深い脳髄の底へ潜って、息も出来ぬままになにか形のないものをお互い必死に探して、そしてその間だけ、繋がれている気がする。

(なに、結局、それも独りよがりの妄想に過ぎないじゃない。)

言うがいい。罵ればいい。やはりそうだろうかと悩むかも知れない。けれどそれが真実だ、偽ることはしない。文章で嘘を吐くことが可能だとして、文章に対して嘘を吐くことなど出来はしないのだから。性格が滲み出る、とか、頭の良し悪しが分かる、とか。そんな生易しいものでなく。文字は、その人を映し出したスクリーンのようで。
紡ぐ文字は恋文の、俺自身きっと愛そのものなのさ。


ここまで言っておいて今更だが、文章に秘めた想いを読み取る力はない。意味など知れたことがない。だけど、ねえ。貴方の一部を掬ったと信じて。ああ、それでも、尚。
(欲しいと願う、冒頭からここまでのこれは、また。)
(愛し貴方への、ラブレター。)


written by 上原広輝(@kisei_uehara)
スポンサーサイト

お題頂戴システムを科学する/和賀

小早川さん、上原さん。寄稿ありがとうございました。
お二方、さすがのユーモアですね。
一方、バランスをとるために僕は適当にゆるくいきたいところですが☆-(ノ'ロ')八('ロ' )ノイエーイ

さて、今回は予告通りお題頂戴システムについて科学したいと思います。
癪に思うひともいるかもしれませんが、読み物ですのでなるべ~く興味をそそるような書き方を心掛けます。
※実際はシステムもヘッタクレもない、ただのキマグレですが...

この前ちょっと見かけたのですが、
「知人に頼んでるんじゃないの?」と思ってるひと多いのかなって。
実はそんなことはなくて、結構ガチですね。
いきなりリプ飛ばして不本意にも相手を驚かせてしまったこともあるかもしれません。

知らないひとにお願いしたくなるときっていうのは、
ポエム24に参加してくれてるかどうかは実はあまり関係無くって
『自分以外の誰かのことではなく、自分自身のことをメインにツイートしてる』
これを念頭に置いていることが多いです。かなり重要です。
か細くても、我があるひとからのお題は、
ちょっと大げさですが真摯に取り組もうと思えます。

ためしに統計とってみましょうか。
---------------------------------------------
※ここでは便宜上、知人の定義を『リプライしたことがあるか、もらったことがある』とします。

ポエム24 開催回数33回
知人に頼んだ回数=14回(42%)
そうでない回数=19回(58%)
---------------------------------------------

あれっ!?知人に頼む率結構高いですね。自分でも意外でした。
いかに僕がチキンなのかという...。
やっぱり反応無いのは怖いし、そうなった時に期待して待っててくれた人たちを落胆させてしまいますからね。
それは、相手が人気であればあるほど。
そういう意味では先日のクリスマスイブにやった第33回で羽海野先生にリプ飛ばしたのはまさに玉砕覚悟でした。
もう、著名人の方への突撃はやらないですたぶん。。

でもやっぱ人気あるひとからのお題だとあらぶるひとが続出したりして、盛り上がりますよね。
第14回の上原さん
第15回のS!N君
第19回のセクシさん
第21回のDJあおいさん
第25回のtommyさん
第26回のまゆかる
第30回のめうたむ
このへんは絶大なる支持を集めてるひとたちなのでファンのひとたちからdisられること必至の覚悟でした。
特にDJあおいさんとtommyさんは共に東京ドーム収容人数と同等かそれ以上のほろわー数を有する常時リプ欄爆発マンですからね。
実は事前に連絡して時間つくってもらってました。
それでもDJあおいさんとはちょっと連携がうまくいかなくて結果、
告知が10分前(23時50分)になるという、大変な回になってしまいましたね。お騒がせしました。

実は僕の場合、
人気のあるひとのお題よりも更に燃えるパターンがあります。
それは次世代を感じさせ、ちょっと人知れない感じで、
且つ、自分の世界観を持っていると思う詩人から得たお題です。
具体例をあげるとこのへんのひとたちです。
第16回の空梨いとさん
第20回のセッカさん
第22回のしょうがないさん
第28回のヒオカさん

テンションあがりました。

はい長くなってきたので今回はこのへんで。
年内にもう一回くらい記事書こうと思っています。


written by 和賀(@wagarack)

都々逸詠みのひとりごと/小早川

メーデー、メーデー、という誰かの声がしていた。
大量にRTされていたそれは一遍の詩で、何度も読んで「Twitterには現代詩を書く人もいるのか」なんて当たり前のことを思ったのを覚えている。

それが「ラジオ」のときの和賀さんの詩だった。

Twitterはじめたばかりで細々と都々逸を詠んでいた僕は、お題を得て詠むなんてやったことがなかった。
でもポエム24はお祭りみたいですごく楽しそうだと思った。
同じ題でこんなに違うのか、と驚いたりもしていた。

都々逸がポエムになるかはわからない。
というか、たぶんポエムじゃない。
でもこれだけたくさん詩を書く人がいるならひとつくらい都々逸があっても許されるだろう、とそっとまぎれこませた。
初めての題詠。お題は「嵐」。
随分長いこと考えて、ようやく最後の5文字が出た時にはガッツポーズでもしたい気持ちだった。
おそるおそる投稿したものがまとめに入れてもらえて、嬉しくて、僕はすっかりポエム24にはまってしまったのだった。

あれから3ヶ月。
ポエム24を真似した歌詠み企画をやってみたりして、都々逸詠みや短歌詠みの輪は今もどんどん広がっている。
ポエム24がきっかけでフォローしてくれた人もいるみたいで、嬉しい限り。
毎晩詠むことが楽しくて仕方ないのはそんな皆さんのおかげだと思っている。
なかなか言う機会はないけど、とても感謝している。ありがとう。

この時間が一生続くなんて思っていない。
あと10年もしたらTwitterは確実に別のツールに取って変わられてると思う。
それでも願わくば、この楽しい時間ができるだけ長く続きますように。

最後に、お題「ポエム24」で都々逸をひとつ。

「踊る阿呆にならなきゃ損と 誘い誘われ 24時」

おあとがよろしいようで。

written by 小早川(@dodoitsu_)

ありがとう/凛

どうも、こんにちは。和賀同盟の会長をやらせて頂いております。凛と申します。

わたしは今までポエムを書いたことがありません。
どちらかといえば、文章を書くということより絵を描くことに興味がありました。
そんなわたしが今ではほぼ毎日Twitterでポエムや文章を書いています。
いつの間にか「ポエム」というものがわたしの毎日を彩り、日々の楽しみになりました。
自分でも驚きを隠せません。笑

わたしが和賀さんを知ったのは今から約3か月くらい前でした。
そしてpoem24に参加し始めたのは、たしか3回目の『遊園地にあるもの』篇からだと思います。
最初は遊びのような参加でした。(もちろんちゃんとしたポエムではありませんでした)
4回目の『ラジオ』篇も、5回目の『嵐』篇も同じような形で参加させて頂きました。
(もう、ね、お題を提供してくださった方々に申し訳ないくらいのものでした)
わたしがちゃんとした(?)ポエムを書き始めたのは6回目の『名前』篇からでした。
そしてfavstarを知ったのもたしかその時だったと思います。笑
それから少しずつポエムが書けるようになって、poem24がない日も自分で何かしら書くようになりました。
学生時代のレポート以外に自分で進んで何かを書くということは今までなかったので、poem24には本当に感謝しています。

そしてpoem24に感謝している理由はもうひとつあります。
わたしはpoem24のおかげで、たくさんの素敵な言葉と、それを紡ぐ人たちに出逢えることができました。
その人たちの言葉はわたしを今まで見たことのない世界に連れて行ってくれます。
今まで感じたことのない気持ちにさせてくれます。今まで知らなかった言葉を教えてくれます。
尊敬せざるを得ない人たち。その人たちと友達になり、一緒に遊んではしゃいで笑って。
とても楽しい毎日を送っています。
仕事の都合上、じっくりポエムを考える時間がなくて、いつも出先ポエムになってしまうのですが、それでも参加するのが嬉しくて、毎回楽しませてもらっています。

だから、今のわたしが存在するのは全部poem24のおかげだと言っても過言ではないほど、わたしにとってpoem24は人生の転換点であり、大切な思い出であります。
この先もずっとpoem24と共にみんなとの絆を深めるのはもちろん、新しい絆にも出逢えたらいいなあ、と思います。

本当に、どうもありがとう。
それでは、「また」。


written by 凛(@RRRRRinN)

タイミング/都希

私がこのポエム24に参加したのは、スゴくタイミングが良かったからです。


実はこの垢はリア友用垢以外にポエムとか呟きたいな~と思って作った垢です。
私が文章書く子だということを知らない子もいたので、そういう子の前でポエムを呟くのは、恥ずかしいと思い、作りました。

最初の方は真面目にというか、ポエムばっかり呟いていましたが、今ではすっかり日常垢。
リア友用垢も消しちゃったので、これが本垢ですね。


それでこの垢を作って、しばらく経ったある日。
どれすとさんと和賀さんの第1回目のポエム24を見たのです。

二人とも私の大好きなポエッタラーさん。

第1回目のは何か感動しました。
大袈裟な表現かもですが。

何か一つのテーマでこうも違うんだ…と驚きました。
私もいつか二人のように何度も読み返したくなる詩を書けたらなぁと思っています。

そして二回目の開催。

このタイミングの良さ!
参加するしかない!
と思い、参加。

今でも和賀さんの後日のトゥギャに自分のポエムがあるのはにやけます。

何回か体調不良とかで参加出来ませんでしたが、これからも参加したいです。


私がこの企画に参加したのは、タイミングが良かったから。

もし、あの時ポエム用垢を作っていなかったら。

多分参加していません。

あのタイミングで垢を作った自分を褒めたいです。



この企画はタイムリミットがあるのが醍醐味だと思います。
24時までに脳を絞り出して作ったポエムは何だか愛おしい物です。


他のユーザーさんのポエムや、お題が出来るまでの背景が見れるのもいいです。

何度も皆様のポエムに癒やされます。


二回目は確か6、7人。
それが今では400のポエムがpostされるように…。


何だか凄い大きな企画になり、少し寂しい気もしますが、これからも参加したいです。



最後に。
和賀さん!
素敵企画をありがとうございます!


written by 都希(twitter ID/ tsukitsuki69)

ジグソーパズル/和賀

こんばんは。
久々のポエム24はいかがだったでしょうか。
開催してない間、開催を望む声を結構頂いたのですが
ポエム24で言葉を紡ぐことを惰性に感じてほしくなくって
ズズっと期間をあけてみました。
これは身に覚えがあって。

僕は作文するのにすごい時間がかかるタイプで、
3時間とか4時間とかザラにかかったりします。
自分でお題を出した第6回『名前』篇のときの詩は
表したいイメージをなかなか納得がいく形でアウトプット出来なくて
苛々しながら、頭掻き毟りながら、頭抱えながら、苦しみながら悩んで悩んで
6時間くらいかかったのを覚えています。
結果、今まで書いた詩のなかでも思い入れがあるものになりましたし
その時の手応えは凄まじいものがありました。
例えるなら、1000ピースのジグソーパズルを完成させた時のような。

でも、回を重ねるうちになんとなく要領得てきちゃうんですよね。
時間かけりゃいいってもんじゃないですが。
一回一回を、一遍一遍を、
大事にしたいと思うし
大事にしてほしいと思うので
これからもこのくらいのペースで続けていこうかなと思ってますが、
油断は大敵です。

近々お題頂戴システムについて考察してみたいと思います。
自分で自分の考察って...(◞‸◟)


written by 和賀(twitter ID/ wagarack)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。